アザミ、薊

2020.06.22 Monday

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    昨日のつづき。

    まず公園で出会ったのは紫陽花。

    これから色付く白い紫陽花。少し色付いてます。

     

     

    実は誰もいない風景が好き。

    誰か居そうでいない、ぽっかりとした空間。

    それにしても光が強く熱い。

     

     

    アザミが咲いていた。小さいけれど立派なアザミ。

    アザミって何であまり振り向かれないのだろう。

    やっぱりあの葉っぱの棘かな。

    痛そう!

     

     

     

    夏椿の木蔭

    2020.06.21 Sunday

    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

       

      今日は暑かった。もう既に私の感覚では夏です。

       

      今回の週末は定例の親元でしたが、夜はそよそよと涼しい風が入り

      過ごしやすかった。ですが、昼間はこの季節にしては暑い。

      日曜の今日、いつもの山の公園に散歩に行ったのですが、

      木蔭にいるには気持ちよく、まさに出たくない。

      IMG_0889.jpg

      沙羅双樹(夏椿)の木蔭で憩う!ホーッと一息です。

      いくつもの花が咲いていて、白くて可憐。そして涼しげ。

      ただ木肌がさるすべりのようにすべすべした感じで一瞬「あれ?」みたいな。

      これまであまり木肌に注目していなかったので、びっくりです。

      IMG_0908.jpg

       

      夏椿。よく見るとほっこりした花です。

      落ちる時も花ごとポロリ。まさに椿。

       

      IMG_0909.jpg

       

      谷へ降りて上を見上げれば、橋が黒々と空に浮かんでいて、いかにも“熱そうな夏”のひかり。

      (写真ではその感じがあまり出なかった)

       

      IMG_0903.jpg

       

      径を歩いていたらハルジョオンにシジミチョウが。

      急いで撮ったらバランス悪い。のでカットしました。

       

      IMG_0907.jpg

       

      公園の散歩が本当に気持ちがよい。

      ここではマスクを外して歩きたいけれども

      まあ、やはり一応しておきました。

      他人がいないときはずらしてましたけど。

      人はまだまだ疎らでこのくらいが実際には好い空間塩梅なのだろうけれど、、、

      県立の公園は人が立ち入らないところは雑草だらけで、

      因みに普段だったら綺麗に刈ってあるのだけれど、

      4月5月管理活動出来なかった上に

      やはり未だ人員をフル動員できないのだろう。

      でも山野は公園とはいえ、

      このくらいで充分だろうと私などは思う。

      山の自然というものを見ることが出来るのだから。

       

       

       

       

       

      再び始まる

      2020.06.18 Thursday

      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

        昨日、久々に作品が最後の刷りまで行った。

        ずっと中途半端な状態が続いていたけれど、

        何とか復帰したといった感じだ。

        長い間使っていなかった感光材料など

        若干穴があるけれど、まあまあ、とにかく始まったのだ。

        2年間、どうにも動きが悪かった。

        作品を作る段階ではなかった。精神的にも時間的にもそして何より

        心の方向性が纏まらなかった。

         

        さあ、これから再び始まる。イメージが固まってきたから。

        長い冬だったなぁ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        小さな望み

        2020.06.14 Sunday

        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          10日の夜中、寝ていて腹が痛くなり出した。

          暫く痛いまま寝ていたけれど、どうしても目が覚めてしまう。

          またなのだ。

          腸炎である。

          今回に限っていえば、兆しはなかった。

          多分暑いから窓開けっ放しの扇風機付きが利いたようだ。

          この痛みは痛いようで、ものすごく痛い訳ではない。けれど変に嫌な痛み、

          とでも言おうか、おなか全体が痛む。中心地は多分大腸辺りだろうけれど

          胃の辺りも痛む。下腹も痛む。左右腹も痛む。へそを触っても痛む。

          ごろんごろんしながら、その後は眠る。と言うより転がっている。

          ただ少々痛みが緩んだり強くなったりと反復する。

          緩んできたときはうとうとながら眠る。

          強くなるとゴロンゴロンと寝返りを打ちながら

          ただ耐えるのみ。

          普段から腸はあまり調子の良い方ではない。

          市販の薬も用意はしているがあまり効くものでもない。

           

          20代前半の頃、1月以上も下痢が続いたときがあった。

          医者は「腸が働いてないですねえ」などと言い言い、薬を出してくれる。

          でも全然効かなかったのを覚えている。

           

          最近では、1月に腸炎で医者に掛かった。ムムム。

          いつも、何とかしたい。と言いながら、この歳だ。

           

          それにしても、

          本当に思う。

          身体の調子のよい事が一番の贈り物ではないか、と。

          例えば、

          小さい頃から鼻は蓄膿症だと言われ、さんざん通い、あげく簡単な手術を受ける。

          その後今度はアレルギーで結局鼻は常につまり気味だ。

          たまにはいち日、鼻が詰まらずに過ごせないだろうか。

          脾臓は脾臓で梗塞で3分の1が使えていない云々云々。

          他多数、だ。

           

          私の望みは小さい。

          私の望みは非常に小さい。

          鼻が治りますように。

          そして、

          身体の調子が少しでもよい日々が続きますように。

           

           

           

          おおらか

          2020.06.10 Wednesday

          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            世の中、既に夏に突入か、といった感じで

            夜も窓を開け放して寝ている。

            昨日などは心地好い風が入ってきて、

            寝るのには最高だったけれど、

            日々そうとは限らない。これから来る本当の夏に、戦々恐々である。

             

            先日、親のところでガーデンファニチャーと呼ばれるところの

            椅子&コーヒーテーブル、さらにテーブル用パラソルも買ってきて、

            さっそく庭に置いてジュースを飲んでみた。

            同じ飲み物でも外で飲むと気分が違うもので

            なんかリッチな気分になる。まあ、当家で買うもんだから当然安いものを買った訳だけれど

            それでも外で飲むと何か違うというのは、

            キャンパーが、大自然の中でコーヒーなどを飲みながらやすらぐと言うのと

            一緒のことなんだろう。

             

            外にいるとおおらかな気持ちになる。それがきっと好いのだろうなあ。

             

             

             

            疲れるとボオッとしている時間が早く過ぎてゆく気がする

            2020.06.02 Tuesday

            0

              JUGEMテーマ:日々のくらし

               

              コロナコロナと言っている間に

              5ヶ月が過ぎ、あとひと月で半年が過ぎる。

              歳をとると時間の過ぎるのが早いというが

              今年はコロナだけで半年が過ぎた。

               

              ただ、お陰でと言っては何だが、自分の時間が久方ぶりに持てたし

              ましてや纏まった時間でこれからの自分時間の進行整理が出来た。

              もっとも勤める会社は存亡の危機ではあるけれど。

              暢気と言えば暢気な私。

               

              ところで、

              歳をとると時間の過ぎるのが早いというのは、疲れが早く訪れるからかな。

              疲れるとボオッとする。その時の時間が思った以上に早く過ぎていくみたい。

              若いときは集中している時間が長かったもんなぁ。

               

               

               

               

              漬け物と実山椒

              2020.05.27 Wednesday

              0

                JUGEMテーマ:日々のくらし

                 

                5月初旬に仕込んでいた糠床をこの間から使用し始めた。

                最初の漬けものは時間が短かったので浅い漬け物になる。

                その次からは時間もわかり、漬け具合もよくなってきた。

                先日、さらにぬか床に実山椒を買ってきて、入れる。

                どのくらい入れるべきか、これから食べながら判断。

                実山椒は実に好い香り。

                他、アオサのりの佃煮に一緒に入れ込んで作ろうかと思っている。

                あとはちりめんを買ってきて、ちりめん山椒か。

                くせになるような香り。

                さあ、楽しみ楽しみ。

                 

                 

                 

                ちいさな波紋

                2020.05.24 Sunday

                0

                  JUGEMテーマ:日々のくらし

                   

                  生きるというのは、確かに大変な事で

                  俺なども大きなことは何もなかった人生だとは言え、

                  それなりに大変な目にもあってきた。

                  以前、大きな手術をしたけれど、まな板の鯉の状況で

                  当たり前だけれど命は先生任せだ。

                  失敗すれば死だって見えていたし、

                  けれども、朝まず麻酔薬を飲みストレッチャーに乗せられ、

                  その後本格的に麻酔に入った後には

                  自分の自の字もありはせず、

                  後で考えれば、死とはこんなものかもしれないと思う。

                  あの時、後先もなく自分は消えていて、そんな感じで死んでいくのだろうと

                  思えば、消えていくときは静かなものなのだ。

                  まあ、本当にそうかどうかは知らない。

                  ただ、それはともかくその時まで生を大事に

                  全うしたいと、

                  この宇宙にごくごくごくごくほんのほんの小さな波紋でも残しておこう。

                   

                   

                  Instagram どうぞよろしくお願い致します。

                   

                   

                   

                   

                  気分転換かな

                  2020.05.18 Monday

                  0

                    JUGEMテーマ:日々のくらし

                     

                    気分転換に、

                    爽やか系。

                     

                    すずらんと雨のあとのブラシの木。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ひかりの間

                    2020.05.14 Thursday

                    0

                      JUGEMテーマ:日々のくらし

                       

                      小綬鶏が鳴いている。

                      あの独特の鳴き声で。

                      鶯も鳴いている。

                      風が気持ちよく窓から入る。

                      陽のひかりは優しく差し込んでいる。

                      開いた窓から。

                       

                      人はひとりだなあ、と思う。

                      もちろんたくさんの人の助けがある。

                      それでも最後の最後は周りの人がなんといおうと

                      何人いようと、ひとりで死んでゆく。

                      その人の死に方はその人の考え一つで

                      変わってゆきそうだ。

                       

                      暑い5月。

                      花が綺麗に咲いていて

                      夢見がちな私はその中にやさしく包まれて。

                       

                      あー、なんて言葉だけの世界のことか。

                       

                       

                       

                       

                      続きを読む >>